カップ麺食べて気張ります

本物をリスペクトしたカップ麺を主に追い求めてます! 商品開発に携わる方の熱意に敬愛以上のものを感じてます!

【今週のカップ麺1】中華蕎麦 とみ田 セブンイレブン即席麺

 

 千葉県松戸市界隈の限定品だと思っていたら、東京都武蔵野市セブンイレブンにも発売されておりました。「中華蕎麦とみ田」の看板が眩しい・・・・。恐らく、東日本界隈セブンイレブンのあちこちで、その究極なる豚魚のオーラを発散しておることでしょう!いてもたっても居られず・・・・早速購入し実食ですよ! 本物を食う為に・・・・2時間10分行列に待ったことのある自分としては、たった5分待つだけで食えるとは・・・・泣けて来ます!てなことで、パッケージ開ける前のお姿がこれ!

 


 中にはこげなものが袋詰めされとりましう。スープはお湯を注いだあと、ふたの上において温めろとのこと。大雑把なインスタントラーメンにしては、注文が多いのであります。

 


 中の麺はこんな感じ。ま・・・・心の味製麺所の味とは比べることすらアホらしいものの、広くそのエッセンスを伝えんと欲する心意気を買おうではないか!

 


 この御仁も見守っている・・・・。

 


 5分待って・・・・マニュアル通りにやれば5分30秒後にはこんなお姿と対面することになる。

 


 ほいでもって・・・・これが出来上がり!
 さて、先に行っておくが・・・・・目盛に忠実過ぎるのはイカン!このアップ麺は、とみ田を感じるなら、お湯は7分目で止めておくべしと伝えておきましょう!

 


 出来上がった麺は濃げな感じ!

 

 スープも濃げな感じですわ・・・・

 

 

 

 総じまして、限られた環境の中で、「とみ田」を表現せんとした点は非常にナイス!
 でも、「とみ田」ってこんなもん!?と勘違いする輩を増やしたかと思うと腹立たしい!
 本物は・・・こんな迫力!

 


 なので・・・ラーメンラバーなら、一度は食ってください「とみ田」のつけ麺、中華そば!
 と訴えるところでございます。