カップ麺食べて気張ります

何だかんだで人生の1ページにカップ麺だ

【今週のカップ麺11】 麺屋一燈 芳醇香味塩そば (日清食品)

 

「麺屋一燈」のカップめんを会社近くのローソンで発見!もう買うしかありません。「芳醇香味鶏そば」なる名称に心躍る次第です。結論を言うと・・・カップめんでも一燈は旨かったりする!多少贔屓があるのはお許しいただきたい。


 

 

 

 スープや具材等のパーツは以下の通り。一応ダブルスープっぽい構成と、カヤクも小さいとは言え海苔2枚がデフォルトという奮発ぶりであります。


 

 

 

 

 麺は・・・細麺が見え隠れしますね。


 

 

 

 

<塩のまろ味と鶏香味油のベストマッチがカップの中で豊かに再現>


 これがまたインスタントっぽいアミノ酸のニュアンスは低く、笑ってしまうほど鶏香味油のまろ味が芳醇に広がります。まさに名称通りの味わい。しかも魚介が落ち着いた感じがあって、別の甘味としてプラスされた感じがナイス!ネギが浮かんでところどころ啜ったタイミングでジャリっと歯で潰すと甘味が感じられる錯覚もあります。カップめんの塩味系ではトップクラスかも!日清食品おそるべしです。


 


 

 


<笑うしかない・・・細麺クツクツぶりが出てますね〜>


 インスタント麺でとやかく唸るのも変なのだが、いやはや・・・・実物を意識してか、細麺の白さが美しく湯戻した時間が経過しようとも、クツクツとした前歯の当たりが意識できるではないか!スープのからみも程よい捩れっぷりもまたうまそう!


 

 

 


<乾燥チャーシューも時間に余裕をもって湯戻しを!>


 今回あまり意識していなかったのだが、チャーシューの湯戻しをチョイと時間を余計にかけました。スープへ豚味&タレ味も染み出しましていい影響。また肉もわりとしっかり「チャーシュー」たるニュアンスを醸し出しました。その他薬味では、ネギも多めでよかったし、メンマは小ぶりすぎて存在感が埋没していたところがある。それは笑って許すポイントかと思うけれど。


 

 

 

 ともあれ・・・・カップめんでも天才かと再認識してしまった一杯。ラヲタであれば、話のネタに一度食されてはいかがでしょうか?