カップ麺食べて気張ります

本物をリスペクトしたカップ麺を主に追い求めてます! 商品開発に携わる方の熱意に敬愛以上のものを感じてます!

【今週のカップ麺18】 札幌すすきの けやき 味噌ラーメン(サークルKサンクス)

 個人的には、日頃馴染みの少ないコンビニ「サークルKサンクス」ですが、合併前の「サンクス」にはかなりお世話になりました。お好み焼きおにぎりというレアな商品が当時ありまして、ドハマりしたもんです。私のような関西オリジンな人は、お好み焼きや、焼きそばをおかずにできる人種ですからね(笑)。  そんな懐かしさもありながら、いつものようにカップめんチェックをしていたら、見慣れないブランド店監修の味噌ラーメンカップを発見し拉麺たので、何の躊躇なく即効でゲットですよ。その名も「札幌味噌拉麺専門店 けやき」

 

味噌ラーメン自体詳しくない上に、札幌も行ったことはるか昔に1回だけなので、今一つピンと来ませんが、札幌味噌というだけで、そそられます。カップの見た目はこんな感じです。

 

 

 

 

スープも粉と液体というダブルスープ仕立てです。こういうのに高級感を感じる庶民感覚がいいね〜。カヤクも中々、野菜重視な感じで、乾燥キャベツも多めに投入されております。  麺はこんな感じ。いつもより少し太めに感じるサイズ感覚。そして色合いもやや黄色。札幌の麺という演出がよく効いています。

 

 

 

 

そこにカヤクと粉末スープを振り掛ける。おお!わかりにくいけど、そぼろ肉と乾燥メンマもちゃんと入っているのね。

 

 

 

 

4分間まって、液体スープ(味噌ダレ)を投入し混ぜ混ぜすると完成型はこんな感じ。どうも・・・いつもお湯を多めに入れてしまうので、水没気味な麺顔。実物ははもう少し旨そうに仕上がります。  スープは・・・なかなか、ダブルスープの重厚さが広がりましてGOOD!です。味噌ダレが実にコク深いのにまったりとした甘さが広がりますし、少しばかりの辛さが味わいにエッジ感を与えます。豚コク系の動物エキスも染み込んだ感覚。さすが、税込275円の高級カップ麺です。

 

 

 

 

麺がいいんですよね〜。ノンフライっぽい姿だったのですが、実際にそうなのかは不明(確認忘れた)。4分という長い目の湯戻し時間なれど、ダレた感じなく、程よいモチモチ感がしっかりと表現されております。縮れ麺のスベリの感覚もいい。調子にのって強くすすりあげるとハネが飛び散るから注意が必要。

 

 

 

 何だかんだで、一気に食い切った!仕事で埋もれた時で、職場にこもりっきりな時は、こういう名店の一杯というのは、どこか旅情を感じていい気分転換にもなります。今日もごちそうさまでした。

 

けやき 味噌 札幌ラーメン

けやき 味噌 札幌ラーメン