カップ麺食べて気張ります

何だかんだで人生の1ページにカップ麺だ

【今週のカップ麺35】 池袋大勝軒 ワンタン中華そば(エースコック)

 山岸さんの腕組み笑顔が、こうもデカデカとプリントされているカップ麺は、見たことありませんね・・・。コンビニに入ってラーメンコーナーに足を踏み入れた途端に、目に飛び込んできました。大体予想できる味わいだとわかっているのですが、買ってしまいました。特に気に入ったのは「ワンタン」という文字。エースコック製のワンタンとなれば、ますますこれは見逃せませんね〜。

 

 手に持つと少しズシリとした手ごたえ感。ペリペリっと蓋を開けてみると、なかなか詰まった感じです。麺がみっしり入っているし、少し太目なのがうれしい。粉末スープはすでに投入済で、乾燥ワンタンの存在感が光ります。

 

 香味油はもちろん、後入れタイプ。どんな油かな・・・・と思っていたら、ラードに少し塩気が効いた調味料が入っているものでした。   

 

 お湯を注ぐとこんな感じ。おお・・・・結構に麺が汁を吸いこんだ感じがあって、どこかしらチャンポンのような風貌。旨そうです。

 

 汁は、大勝軒ということで甘くて少し濃いめの豚骨魚介だと思っていたのですが、外れてはいないものの、濃厚というほどでもなく、まさしく「中華そば」といった程度のライト感が印象的です。塩気よりも、淡い魚介甘味で食わせるタイプ。香味油が程よく効いて、動物エキスもちょっぴり円やかに広がります。これはグビグビと一気に飲み干せる。

 

 ワンタンもいい感じ。乾燥タイプなので、最初の内は餡は湯戻し途中のジャリっとした感覚があったが、皮はチュルリンとして快感。しかし、こういうのは先に食したほうがよかった。麺を食っているうちに、カップの底へとワンタンが潜り込んでしまいますから(笑)。さらに放置しておくと、ワンタンが崩れてしまいますので、注意が必要かも・・・・。

 

 麺は太目で5分茹で。玉子麺っぽい黄色い色合いが、とても本格的に思えますし、食べごたえもあり!特に歯ごたえが、プツリとした食感が保たれていて、大勝軒らしい風合いを出そうと努力のあとが伺えます。ごわっとしたフォルムはインスタント麺の宿命でえすが、これがのど越し的には悪くありません。風合いというほど高級でないけど、それがまたカップ麺の醍醐味かと。十分満足の範囲です。

 

 やはり、久しぶりだと大勝軒は旨いね〜と思えてしまう。食べ飽きた味わいのはずなのに、なぜか時々食いたくなる。カップ麺だったけど、仕事の合間でとてもリラックスさせていただきました。ありがとうござます。今日もごちそうさまでした! [rakuten:lamd:10071608:detail]