カップ麺食べて気張ります

本物をリスペクトしたカップ麺を主に追い求めてます! 商品開発に携わる方の熱意に敬愛以上のものを感じてます!

【今週のカップ麺39】 麺屋 彩々 白鶏塩ラーメン (日清食品)

 関西転勤時代の大阪で、旨い味噌ラーメンと言えば、あまりピンと来なかったのがつい5年ほど前。当時、思いつくのは、「みつか坊主@蛍池、そして「麺屋彩々@針中野だったような記憶です。その後、どちらも発展し有名店の地位確立なんですが、特に、「麺屋彩々」さんは、営業時間とロケーションの都合から、何度もフラれては、何度か行列して食った記憶あり。その後昭和町へと移転されても、その人気は絶えませんでしたね・・・。そんな懐かしい名店のカップ麺が登場ということで早速購入!そして実食です。  パッケージングはこんな感じ。実は、当時味噌しか食ってなかったので、鶏塩系のメニューは未食。味噌の名店だったのが、徐々に鶏塩の人気が出てきて今に至るといったところか。   

 

 蓋を開けると麺はこんな感じ。とても繊細そうな平打ち系。期待度が高まります。

 

 薬味とスープがとても丁寧に小分けされてます。スープも粉でさえ後入れとのこと。こだわりがうかがい知れます。

 

 4分待って、お湯に戻された麺はこんな感じ。なかなかビューテホー!な煌びやかさを感じさせます。

 

 そこへ、後入れスープの液体と粉末を投入。

 

 ぐるぐるかき混ぜると、出来上がりはこんな感じです。

 

 まずはスープ!なかなか思っていたより濃密系ですね〜。濃厚というより、マイルドさと滑らかさが漂うため、濃密系とお伝えしたい! 白湯の円やかさが「甘さ」を引き連れており、鶏独特のクセなどは皆無。鶏油分が円やかなのが印象的。そして一味を少し効かしてチリリとエッジを利かせ、余計な塩気を抑えてそれを補助するような感覚。またペッパー系が仄かに漂うところは、旨味の厚さを感じさせます。おおお・・・・・・これは、中々マイルドで良いぞぉ〜!!

 

 一方の麺ですが、これまた・・・・いいですね。最近の乾麺ってのは、生めんをイメージさせるように工夫されているのがわかります。 平打ちの縮れ風になっているのですが、湯戻し後も程よく保水していて、多加水麺なりの風貌を再現しております。そのモチモチっとした風合いなど代表的でして、またスベリも単につるつるっとするだけでなく、舌にも貼り付くようなペットリとしたような感覚もナイス!

 

 あーーー、食ってて少しあのころに戻ったような感覚で、一気に食い終えてしまいました。ありがとうございます、日清さん。まだまだ、大阪にはいい店ありますよね。徐々にこういう名店企画を広めてください。そろそろJETでも商品化しませんか?(笑)。今日もごちそうさま!

究極のラーメン 2015 関西版 (ぴあMOOK関西)

究極のラーメン 2015 関西版 (ぴあMOOK関西)