カップ麺食べて気張ります

何だかんだで人生の1ページにカップ麺だ

【今週のカップ麺58】 らーめん くじら軒 濃口醤油らーめん 大盛り(サンヨー食品)

 あの「くじら軒」というブランドにも惹かれますが、「大盛り1.5倍」という触れ文句にも大いに購買意欲が刺激されます。またサンヨー食品さんが、非常に興味深い企画麺を展開してくれました。もちろん即買いです。くじら軒は、関西にいたときも名前だけは聞いていたのですが、横浜の本店はちょっと都合がつかず、結局東京駅の八重洲口の支店で1度だけ食した記憶あり。昔騒がれたほどではないよというクチコミが多かった中、個人的にはなかなかハッキリと分かりやすいカエシの加減で悪くなかったという印象。はたして今回はどうか?外装パッケージングはこんな感じです。

 

 いつものようにペリペリっと蓋を開けると、ノンフライ麺、カヤク、スープがお目見え。実はスープの袋にピッタリと張り付いて隠れてしまいましたが、ミニサイズの海苔が2枚付属しております。さてお湯を注ぐといたしましょうか・・・・。   

 

 きっちりと5分後、後入れスープを投入し軽く拡販させて、海苔を配置したところがこんな完成図。見栄え的にはとてもいい感じ!

 

 はたしてスープですが、濃口醤油という割にはとてもマイルド。名称だけ聞くとキレキレか、ズドンとパンチ効かせるかと思ったけれども、とてもオーディナリーな醤油加減で、軽く魚介の風合いが効いてむしろとても食べやすい感覚。ごくごくと最後まで問題なく飲み干せるタイプで好印象。いわゆる普通の魚介系の醤油ラーメンと言う感じで、これは広くウケそうな味わい。いいじゃないですか!

 

 そして次は麺ですが、細麺だけれど戻しに5分を要するという、カップ麺としては本格派。昔流行った半生タイプより、個人的にはこっちの方が潔くてカップ麺としては好きです。細麺仕立てということもあって、とても口当たりは繊細で、縮れや捩れがあってもツルツルとしなやかにスベル感覚。割とスープの浸透はピークを過ぎてもいい感じにキープされていて、シコシコっとした奥歯の歯ごたえもナチュラルで好印象。なにせ1.5倍という大盛り具合も食べたという気にさせ、昼飯的にもこれはナイスかもしれません。

 

 最後に、具ですが・・・・ま、感想肉のチャーシューとナルト。いつもの味わいですが、これこそカップ麺という感覚ですね・・・・。メンマもコリコリっとした風合いを再現してはいました。

 

 ま、何にしても大盛りは気持ちよく、あっという間に完食。癖のない素直な味わいであったし、これは安売りしてたらストックしておきたいかな・・・。今日もごちそうさまでした。