カップ麺食べて気張ります

何だかんだで人生の1ページにカップ麺だ

【今週のカップ麺66】 ばくだん屋のらーめん 旨辛味噌 (Acecook)

 お尻が弱いくせに、辛い系は時々食いたくなるという矛盾を抱えて生きております。少し前後いたしますが、広島の人気店と言われる「ばくだん屋」の「旨辛味噌というカップ麺を食してみました。カップの表装はこんな感じ。

 

 蓋が面白いですね。一文字「ば」とあるのが目を引きます。これをペリペリっとめくると、すでに麺と具材、そして粉スープが降りかかっております。なんだかスパイシーな予感。

 

 仕上げの後入れスープ。これはどうも辛味噌っぽいですね。最近、後入れスープが当たり前のようになってきております。

 

 あっという間の3分後、後入れスープを入れた直後がこんな感じ。意外と野菜類が入っているのが嬉しい

 

 スープは、濃厚のように見えますが、さらっと辣油が効いた辛味噌タイプ。粉と液体の味噌ダレの合わせ技がよく効いていて、まったりとしつつも引っ掛かりの軽い味噌となっております。この程度の辛さなら、へたれな私でもグビグビと行けそう!

 

 麺は、標準的なやや中太タイプの麺で、おおらかに縮れてよじれるといったタイプ。全体的に密度感が重くなくてスパスパと千切れる感覚。表面はスープを適度に吸ってツルっとヌメっとスベル感覚。ズボボボボボーーー―っとすすると内頬に感じる感触がリズミカル。

 

 うーん、広島のラーメンも旨いな。今年は、妙に「広島式」のラーメン店が都内に開店進出しているのですが、それっと今年のブームなのでしょうか? そうであれば、これはうかうかとしておれません。波に乗らねば(笑)。今日もごちそうさま。