カップ麺食べて気張ります

何だかんだで人生の1ページにカップ麺だ

【今週のカップ麺80】 凄旨 鬼金棒 カラシビ味噌らー麺(ニュータッチ)

 これは、また痺れるような一杯をコンビニで発見!一時期、激辛麺人気で話題にもなりました、神田の「鬼金棒」のカラシビ味噌らー麺。ニュータッチさんの「凄旨」シリーズでございます。もう4〜5年前になりますかね〜。関西転勤時代にも東京からブームが伝播して、辛い一杯食ってはお腹やお尻を痛めていたのが懐かしい。その後、関東に戻ってきて西エリアに住むのですが、どちらかと言えばこの手のラーメンは、府中が近いため、そっちの有名店で食ってた流れです。実に久しぶりの神田の激辛を、カップ麺で体験させていただきました。

 

 

 蓋を開けると、いつもの儀式。カヤクやスープ類を取り出して、乾燥状態の麺をチェック。これがまたなかなかノンフライ麺のいい感じで、やや太麺。5分間しっかり茹置くというインスタントの中では本格派タイプで食う前から好感が持てます。風合いもざらついた感覚がいかにも旨そう。

 

 決め手の味噌ダレはたっぷり。おそらく、ここに味わいのすべてが凝縮しているよう。香味湯は、濃ゆいラー油系の旨味油でしょうか。

 

 

 茹で上がったお姿は、お風呂に入ってくつろいでいる貴婦人の如し?

 

 

 そこに一気にドバドバドバ〜っと一気に後入れスープを投入。おっと!ここでトラブル発生。カヤクを先に入れ忘れた(号泣)。しかたなく、慌てて後入れで乾燥具材を湯戻しにかかります。

 

 

 完成形はこんな感じ。一気に貴婦人から、地獄の鬼の様相に変貌ですよね〜。さて実食です。

 

 

 スープを一口飲んで、すぐに感じるのは「なかなかの再現度!」と思えます。辛い味噌味のラーメンの中でも、花椒でしっかりと痺れさせる系ですが、かなり本格的に攻めてきます。花椒の尖ったジリジリ感がズドンと来るのは、ラップ麺だからとなめてかかっていては、手痛いしっぺ返しを食らうかも。味噌味も濃厚。あえてお湯を少なめにしてたのがまた功を奏します。ラー油の辛味は舌べろに絡みつくようですし、これは払った価格以上の質感ありです。

 

 

 麺もまたいい感じ。歯ごたえがしっかりとした固めのモチモチ感で、奥歯でもしっかりと噛みすり潰して千切る感覚があります。ブルンブルンと震えさせながらすすり上げる感覚も、内頬のタッチ感があっていい。のど越しも軽い刺激を与えるのだけど、辛いスープも巻き込んでくるから、のど越しで味わいすぎると咳き込んでしまうかも。

 

 

 カヤク後入れで失敗したかと思ったけど、乾燥肉団子はあっという間にふやけてくれて問題なし。乾燥もやしは、やや後回しで食ったけど、ふやけすぎずザクザク感が残ったようで、何の問題もなく食えました。  とにかくスープまで一気に飲み干してしまった。後で・・・またお腹が痛くなろうとも、箸が止められなかった。今回もごちそうさまでしたの一杯。ありがとうございま〜す。

mensHdge technical statue No.6 鬼灯の冷徹 鬼灯【鬼に金棒ver.】

mensHdge technical statue No.6 鬼灯の冷徹 鬼灯【鬼に金棒ver.】