カップ麺食べて気張ります

本物をリスペクトしたカップ麺を主に追い求めてます! 商品開発に携わる方の熱意に敬愛以上のものを感じてます!

【今週のカップ麺91】サッポロ一番 喜楽 中華麺 (サンヨー食品)

 おお!とうとう、渋谷の喜楽もカップ麺に登場か・・・・などと、コンビニで見かけて少々複雑な気持ちになってしまいました。こう言う戦略とは無縁な店だと思っていたもので。渋谷の怪しげなエリアへと続く坂道の途中にある、いわゆる大衆中華・町中華の名店ですので、意外だったのです。しかし、渋谷のラーメンとくれば、麺好きなら有名ですしねー。いっちょ記念に一杯購入してみましょう!。

f:id:TOMASSOON:20180215184847j:plain

 
 
 ペリペリと上蓋を外すと、なかなかキレイな感想麺(ノンフライ麺)が現れます。スープなどを外してまずは確認して見ます。これは茹でおき5分程度かかる、質がよく風味がいい系の麺ですね。

f:id:TOMASSOON:20180215184944j:plain

 

 中には袋が3つ。「乾燥かやく」で先にお湯と一緒に入れておくもの。そして後入れの「醤油スープ」に、最後は「揚げネギ(後入れ)」です。ここで、喜楽ファンなら気付くことが二つ。シンボルとも言える「もやし」がないのと、「深く味ついたゆで卵」に相当するものがないと言うこと。うーん・・・魂の抜けた気がしないでもないが、カップ麺だから、多くを求めてはいけませんね。反省反省。

f:id:TOMASSOON:20180215184956j:plain

 

 お湯を注いで、きっちり5分経過して、スープと揚げネギを投入して見たのが、この風貌。すっかり麺が水分を吸い込んで蘇った感じがあります。またスープのエキスがキラキラしていて綺麗。

f:id:TOMASSOON:20180215185606j:plain

 

 これをかき回すとしっかりと完成品になります。ペラペラの乾燥肉が愛嬌です。見事に揚げネギが散らばっており、これから香る香ばしさは、なかなかしっかりしております。

f:id:TOMASSOON:20180215185631j:plain

 

 まずはスープを味わう。うう!最近のカップ麺は侮れんとまた感じてしまう。鶏ガラベースをしっかりと意識させるコクのまろやかさが、いいね。シャバついたスープに見えて、味わいを感じさせます。また醤油の塩気と見事にマッチしており、動物系の甘味とタレの塩気が見事にバランスしておるー。これだけではなく、揚げネギの薬味がしっかりと役割を果たします。香ばしさは既述ですが、そこからくるネギの甘さが実に油とマッチして、食欲をさらに加速させます。さすが、200円以上するカップ麺は、食わせる。

f:id:TOMASSOON:20180215185633j:plain

 

 麺も納得感あります。本物は、ちょっと香味オイルのラードで濡れて、少しワシワシと歯ごたえを感じさせるタイプなんですが、弾力が強めなインスタント麺。ノンフライ麺が開発されてから久しいが、日々進化してますね。しっかりと中心部まで、ハードにモチっと感じさせるとは、唸ります。

f:id:TOMASSOON:20180215185705j:plain

 

 なんだかんだで、するっと完食してしまいました。「喜楽の味」を再現してる気はします。ただ、関東ならよくある系統なので、色々他に思いつくような(笑)。ま、なんだかんだで良くできてます。今夜もご馳走様でした。