カップ麺食べて気張ります

本物をリスペクトしたカップ麺を主に追い求めてます! 商品開発に携わる方の熱意に敬愛以上のものを感じてます!

【今週のカップ麺94】銘店紀行 千葉・松戸 中華蕎麦 とみ田(明星食品)

 カップ麺の品揃えとしては、セブンイレブンが一歩抜きん出ているような感じですね。特に「銘店紀行シリーズ」では、なかなかいい店のチョイスをしていますし、その筆頭がこれ「とみ田」です。本物と比較するのは野暮でしょうが、雰囲気だけも味わいのうちです。近くのとあるセブンイレブンで、珍しくイートインコーナーがあったものだから、おやつ代わりにいただきました。
 

f:id:TOMASSOON:20180224154937j:plain

 
 
 「豚骨魚介の至宝」と銘打ってありますな。確かにおっしゃる通り。いまでは、またお前か・・・またおまか・・・「またおま系」と揶揄される濃厚豚骨魚介スープですが、完成形はやはりこちらでしょう。
 
f:id:TOMASSOON:20180224155052j:plain
f:id:TOMASSOON:20180224155107j:plain
 


 
 蓋をペリペリと開けてまずは、乾燥状態とご対面。粉スープ・インなので楽です。あとはお湯を注ぐだけ。
 

f:id:TOMASSOON:20180224155000j:plain

 

 
 五分後は、こんな感じ。意外と具は多い。乾燥ねぎとメンマの比率も大したもんだ。
 

f:id:TOMASSOON:20180224155417j:plain



 
 スープは、ちょっと醤油がかった茶色をしています。これがなかなか、ちゃんと豚骨魚介味してるから、普通にうまいうまいと食ってしまう。魚介の甘みも確かなのですが、醤油系の風味も個人的には気にいている。ここで気をつけないといけないのは、よくよく底をかき回してから食べること。残った汁にべっとりとスープがルー状態で固まっていることが多いから。
 

f:id:TOMASSOON:20180224155446j:plain



 
 5分放置タイプの麺ですが、これまで幾度も食って来て思うのは、ちゃんとモチモチとした歯ごたえを上手く再現してるなーってこと。もちろん、これは本物とは別で、本物はストレート太麺なんだけど、そこはご愛嬌。
 

f:id:TOMASSOON:20180224155504j:plain

 

 
 スープは塩分控えるために残そうと思っておったんですが、いかんなー・・・つい飲み干してしまった。これもたまには食べたいブランドですので、また機会があれば食べたいと思います。
 
 今日もごちそうさまー。
 

 

「とみ田」つけそば 6食入

「とみ田」つけそば 6食入

 

 

参考

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/T/TOMASSOON/20110123/20110123223038.jpg

www.ramentabete.com