カップ麺食べて気張ります

何だかんだで人生の1ページにカップ麺だ

【今週のカップ麺115】 銀座 香味徳 監修 牛骨ラーメン 鳥取ゴールド (寿がきや)

 これだけ日々ラーメンを食い続けていても、滅多にお目にかからないラーメンいうものは、結構たくさんあります。その内の一つが「牛骨ラーメン」。片手で数える程度しか食ってないかも。牛テールのスープが美味いから、牛骨ラーメンだって美味いはずなのに、あまり見かけません。鳥取ではメジャーなこともつい数年前に知ったばかり。こういう時、カップ麺は実に有難いです。気分的にちょっとしたラーメン紀行気分も味わえますしね。
 

f:id:TOMASSOON:20180527084820j:plain

 
 
 
 そんな感じで、コンビニで「鳥取ゴールド」を見つけたからには、速攻にゲットですよ。すぐさまイートインコーナーへ向かい、実食しました。
 
 まずは蓋をペリペリとめくる。結構接着剤が強くて苦労しましたが、お目見えしたのは、ノンフライ麺。白い麺が印象的でこれはこれでなかなか旨そう。お湯投入茹で置き5分のタイプです。今回はきっちり時間通りに守ってみました。
 

f:id:TOMASSOON:20180527084819j:plain

 
 
 
 ちなみに、後入れスープは1種類。かやくが、先入れと後入れで2種類。ちょっと変わった展開です。
 

f:id:TOMASSOON:20180527084818j:plain

 
 
 
 茹で置きそのままの麺顔はこんな感じ。なかなか素直な麺が伺えますし、チャーシューだけでなく、モヤシもしっかり湯戻しされたのが分かります。
 

f:id:TOMASSOON:20180527084850j:plain

 
 
 
 そこで一気に、スープと後入れかやくを投入。スープは封を切った瞬間から、牛骨エキスの円やかで濃密な香りが立ちます。また、後入れの薬味は、乾燥ネギだけでなく、ブラックペッパーも入っており、この香ばしさがふわっと漂います。
 

f:id:TOMASSOON:20180527084851j:plain

 
 
 
 少し混ぜっ返すと出来上がり!おお!!何となく見本通りの整いを形成してます。
 

f:id:TOMASSOON:20180527084852j:plain

 
 
 
 まずはスープから。琥珀色に輝く醤油と牛骨エキスがとても明るく、牛ならではのの旨さが沁みる!。正直言って、久しぶりにカップ麺から、こんなにも芳醇で透き通った旨味の展開を知りましたよ!。豚と鶏と魚介を軽んじているわけではありませんが、とにかく牛のパワーがすごい!。私は、「いきなり!ステーキ!」へ言っても、醤油でしか食わない人ですから、牛と醤油味のマッチングにはこだわりがあります。それゆえに、醤油味ベースの牛骨スープには、特別に反応しているだけかもしれません。でも・・・・本当に旨いと思ったんだよなぁ・・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20180527084917j:plain

f:id:TOMASSOON:20180527084918j:plain

 
 
 
 また麺についても、ちょっと面白いかなと。ノンフライ麺でも、みんな一括りで一緒にしてはいけないんですね。これまで食べた「生をカピカピ」にしたような麺とは違う。メーカーによって違うのでしょうかね。今回の面は、細麺ながら淡いモチモチ感をしっかりと再現しており、しかもスープの浸透も感じるようなナチュラルなイメージ。かなり旨いと思ったし、自分には合ってる。スープも気に入ったし、麺も好みということで、食い終わった後・・・・・、また残業用に3つほど買い足した次第です。
 

f:id:TOMASSOON:20180527084919j:plain

 
 
 
 「寿がきや」やるじゃん!。よくこういうのをカップ麺で世に知らしめてくれました。そんな会社大好きですよ!。これからも頑張ってこんな感動を伝えてください。とりあえず、感謝を込めて・・・
 
 ごちそうさまでした!