カップ麺食べて気張ります

本物をリスペクトしたカップ麺を主に追い求めてます! 商品開発に携わる方の熱意に敬愛以上のものを感じてます!

【今週のカップ麺125】TRYラーメン大賞 名店部門 とんこつ1位 愚直 豚骨ラーメン (東洋水産)

<3連覇の豚骨名店のカップ麺!もっと有名になってもいいのだ!>
 
 私もラヲタの端くれですから、「愚直」さんの名前とプレゼンスはよくよく存じ上げております。ところが、まだ未訪問でして・・・・これではラヲタ、ラーメンブロガーの名が廃れます(意地だけの話)。まずはカップ麺からTRYさせてもらいましょう。こちらTRYで三連覇されてるという名誉なるカップ麺化です。
 

f:id:TOMASSOON:20180629184853j:plain

 
 
 ここまでカップ麺をレビューしてきて、「豚骨味はカップ麺にしやすい」というのが実感。ハズしたことが無いというか、割と本物に近い味を出してくるのが豚骨ジャンル。そんな自説もあって、実は結構期待が高まってた。
 
f:id:TOMASSOON:20180629184856j:plain
f:id:TOMASSOON:20180629184857j:plain
 
 
 また、お湯を入れてらの時間が短めなのもカップ麺には適しています。こちらは3分とご指定。読まなくてもイラストでわかる作り方がいいですね。世界のどこへ持って行っても通じましょう。今回も、別袋で「特製スープ」が入っています。この時点では単なるラード系の油でしょ・・・と舐めてかかってた。
 

f:id:TOMASSOON:20180629184854j:plain

 
 
 ペリペリと上蓋を剥がすとこんな感じ。スープは粉末ですでに投下されているが、割とメンマと乾燥肉のボリュームが多め。乾燥ネギもなかなか・・・オレの子供の頃のインスタント麺とは格段の差ですな。
 

f:id:TOMASSOON:20180629184855j:plain

 
 
 湯を注いで3分しっかり待ちました。湯上りの麺顔は、まずはこんな感じ。結構本格的にメンマがふやけて存在感を出してます。また粉末スープの塊はそのまま端っこで、ゆるい粘土のようになっている。さてしっかりと箸をカップ奥まで差し入れて、じっくりとスープを攪拌しようか!・・・・いやいやその前に、「特製スープ」を入れよう!
 

f:id:TOMASSOON:20180629184917j:plain

 
 
 うへ!特製スープは、なんと濃厚豚骨エキスだった。入れなくても結構濃厚な豚骨感だったのに、ここまでやるか!のど根性ど豚骨!。この時点で少し興奮度が高まる!。
 

f:id:TOMASSOON:20180629184918j:plain

 
 
 念には念をでじっくりとかき混ぜたのが、こんな感じのできあがり。思っていたより穏やかな仕上がりになりました。メンマと乾燥肉のふやけ具合もナイスかも。
 

f:id:TOMASSOON:20180629184919j:plain

 
 
 スープが旨くて実は驚いた!。写真では伝わらないのだけど、しっかりとクリーミィーな濃厚豚骨ぶりを再現してます。かなりオーバーに言えば、ゆるいポタージュみたいなとろみすら覚える・・・そんな豚骨スープ。しかも、なかなか円やかな味わいが広がり、豚骨独特の嫌味が無い。最近のカップ麺は再現度が忠実で、あの豚骨臭まで再現してくれるのも出てきてる。それはそれでWelcome。でもこの一杯は、ナチュラルに旨味が広がるのがよかったのです。
 

f:id:TOMASSOON:20180629184935j:plain

 
 
 麺は、まあいつものカップ麺感覚です。フライ麺で縮れたやつ。ただ最近のカップ麺の麺は、歯ごたえまでしっかりとうかがえるからすごいよね。これもそんな感じで、豚骨ラーメンなら避けられないクツクツした歯ごたえを、精一杯表現してますよ!。
 

f:id:TOMASSOON:20180629184936j:plain

 
 何だかんだで・・・・ああ、すっかりとスープを最後の一滴まで飲み干してしまった。東洋水産さんの計算によると「490Kcal」らしい。まあ、最近売れてるあの爆弾級のカロリー表示の焼きそばよりは、格段に低い!と自分に言い聞かせて、ベルトの穴を一つ緩めました。
 
 
 そんか感じでフライングの夜食(夕方!)ごちそうさま!。それでは、仕事に勤しみます〜。