カップ麺食べて気張ります

本物をリスペクトしたカップ麺を主に追い求めてます! 商品開発に携わる方の熱意に敬愛以上のものを感じてます!

【今週のカップ麺140】 ラーメンかたぐるま こくとん塩ラーメン(エースコック)

 半期末の追込み決算対応で、残業覚悟でカップ麺をまとめ買いしてたんですが、忙しくてどれも紹介(ブログアップ)しきれませんでした。一息ついてやれやれと机の引き出し開けたら、なんと奥からごそっと1個だけ出てきた。食いそびれたやつだね。それがこの「ラーメンかたぐるま」のカップ麺です。遅ればせながら食ってレポートしてみます。
 

f:id:TOMASSOON:20181009135655j:plain

 

 「かたぐるま」って、京都城南エリアの山奥にポツンとある一軒家的ラーメン店「俺のラーメンあっぱれや」の流れをくむ店。そのサディスティックなロケーションながらも、人気を集めて行列がスゲー店。一時は、食べログラーメン部門1位だったりしてました。。そんな一杯が、京都市内のJR丹波口で食えるというのが、系譜の「かたぐるま」なわけです。京都に帰省するたびに気になる店なのですが、さすがに盆と正月ではラーメン食えん。それだけにせめてカップ麺ならと、かなり嬉しい気分です。
 
f:id:TOMASSOON:20181009135656j:plain
f:id:TOMASSOON:20181009135657j:plain
 


 上蓋を開けるとこんな感じ。すでに粉末スープが投入されており、黄色い極太フライ麺がやや鮮やか。チャーシューは見慣れた乾燥肉。「こくとん」と言うからには「豚」は想像できるが、「こく」は何だろう?と思っていたら、後入れスープが目に入る。
 

f:id:TOMASSOON:20181009135658j:plain



 お湯待ち時間5分のタイプ。ちょっと待ちあぐね、ツイッターしてたら5分少し回ってしまった!慌てて開けた麺顔はこんな感じ。もう粉塗れ。立ち上る香りからは、これは魚粉の香りが強かった。
 

f:id:TOMASSOON:20181009135710j:plain



 そして後入れスープを投入しますが、どろどろの黄土色の液体。そこにラードっぽい油分もうごめき、これはなかなか濃厚そう。正しく濃厚豚骨そのものでして、全体的に濃ゆい味に仕上げるつもりらしい。
 

f:id:TOMASSOON:20181009135659j:plain

f:id:TOMASSOON:20181009135711j:plain

 

 液体と粉末のスープをかき混ぜたら、一気に白い淡淡が全体的に浮いてしまった・・・。一向に引く気配なしなので、とりあえず写真メモ。これじゃさっぱり不明ですが、実際のそれは、濃厚さとザラザラした感覚が深く、旨みのアピールが凄く強い。どちらかと言うと、液体の豚骨エキスの塩気を、やや粉末の魚介甘風味が上回った感じ。しかし醤油ダレではない分、塩気のアピールが素直な味わい。旨みを追い求めて突き詰めて味わうと、塩気と混同してしまいそうです。
 

f:id:TOMASSOON:20181009135712j:plain



 麺は、時間通りから少しオーバーしたけれど、お湯の温度がやや温めだったのか、ナイスなシコシコ感。全体的に縮れうねった極太インスタント麺は、ややハードめなモチモチ感をキープ。コシが強いので、ズボボボっとすすり上げると口元や喉奥で刺激しまくり。太麺の中でも歯応え感が楽しめるタイプと思え、うどんよりもかなりハードかもしれません。
 

IMG_4609
IMG_4609 posted by (C)とまそん

 
 スープの持ち上げと言うより、スープを吸い込ませるタイプ。少し時間が経つと出汁が染みるような味わいになります。この麺やあえて柔らかくして食った方が旨いかもしれない(確信に近い)。そんなわけで、余った在庫を慌てて処分する気分で食いましたが、いえいえどうしてどうして・・・・・大満足。今回は遅い昼飯として大貢献してくれました。本当に感謝です。
 
 
 そしてエースコックさんの本製品開発関係者にも感謝!また期待してます。今回は本当にごちそうさまでした!