カップ麺食べて気張ります

本物をリスペクトしたカップ麺を主に追い求めてます! 商品開発に携わる方の熱意に敬愛以上のものを感じてます!

【今週のラーメン144】麺屋はなび 元祖台湾まぜそば (サンヨー食品)

 時間がない時にカップ麺!しかも最近は「汁なし系」などの先鋭的なメニューもラインナップに加わっております。いつも利用するファミマで、ガチにカップ麺コーナーで推していたので購入。それが「麺屋はなび 元祖台湾まぜそば」です。微妙に小腹が張っている時の晩御飯として、コンビニ・イートインで食させてもらいました。カップ麺でも、本物を意識したものを食って、実店舗に行った気分に浸ると言う・・・・侘しい状況。働き方改革とは名ばかりでございます。
 

f:id:TOMASSOON:20181019184925j:plain



 さていつものように上蓋をめくると、出てくるのは小袋4つ。「かやく」「レトルト調理品」「調味だれ」「ふりかけ」です。このラインアップから、台湾まぜそばを食べ慣れた方ならすぐに想像できるはず。これらは「にら」「辛い味付けひき肉」「辣油味ダレ」「こな節」。山椒感覚が強いと「汁なし担担麺」に近くなる。台湾系はあくまで辣油系。そこが同じようで違うポイントなんだと、自己流に解釈してます。
 

f:id:TOMASSOON:20181019184928j:plain

 

 おお!今回はカップ麺としては本格的だ。ノンフライ麺で汁なし系を表現とは・・・随分と大胆で自信ありげ。
 

f:id:TOMASSOON:20181019184927j:plain

f:id:TOMASSOON:20181019184929j:plain

 ちなみに、名古屋の本店は流石に行けてないのですが、新宿店では本物実食済みです。参考までにレビューは以下の通り。
 

 
 お湯待ち時間5分。カップ麺ではMAXの制限時間。期待がかかるのをじっと待ちながら、時間通りにお湯捨てした姿はこの通り。なんとも風呂上がりのさっぱり気分を感じさせる、ほのぼのとした麺姿です。
 

f:id:TOMASSOON:20181019184930j:plain

 



 さあここから味付けを始めよう!レトルトのひき肉を投入し、調味ダレをドバッと投入します。まずはこの状態で混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ・・・・。
 

f:id:TOMASSOON:20181019184948j:plain

f:id:TOMASSOON:20181019184949j:plain



 仕上げ的に最後のふりかけを投入してフィニッシュ!。全体として購入し、調理はじめてから実食に到るまで、10分かかってしまいました。
 

f:id:TOMASSOON:20181019184950j:plain

 

 もうここからは無心に近い。一気に駆け抜けました。辣油は感じるところあり。ただもっと暴力的でもいいと思うが、カップ麺たるスタンスは万人ウケも考慮するためか、比較的マイルドな仕上げ。ひき肉とタレは満足いくところですが、個人的には少し緩い感じ。でも湯ぎりが甘かったためか、理由ははっきりとしません。ニラは感想湯戻しだと、やはりあの独特の風合いは抜けますな・・・・。ネギと思って食べている人多いんじゃないかな。
 

f:id:TOMASSOON:20181019193630j:plain

 

 それにしても麺は流石!湯戻し麺と言う感覚を外して、これは極上焼きそばに普通に流用しても良いかも。もちもち加減がしっかりと表現されており、また腰つきも柔らかくて、まぜそばなのに啜り上げがライトでした。日本のカップ麺は、BCP対策としてより、BCPグルメとして発展しても良いのではないかなーー。決して喜ぶ状況ではないBCP対策だが、落ち込んだ時のこの風合いとの出会いは、安寧と勇気を与えるかもしれません。
 
 
 ともあれ、カップ麺で汁なし!それも台湾まぜ!貴重な体験させてもらいました。一つストックとして買い足して、ファミマを退店。ごちそうさまでした。そして今回もありがとうございます!明星食品さん!合掌!!